海洋生物多様性

海洋生物多様性とは?

NOWPAP海域は、北は冬季には氷結する海域から温暖な海域、水深3,000mにも達する深海域など環境が大きく異なることから多くの生物が生息し、豊かな生態系が形成され、世界の中でも多様な生物が生息する海域のひとつに挙げられています。 こうした豊かな生物多様性を保全していくため、2010年、名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において、2020年までに世界の海域の10%を海洋保護区(MPAs)とすることなどを定めた愛知目標が合意されました。 世界各国で愛知目標の達成に向けた取り組みが実施されましたが目標達成は難しく、さらなる努力が求められています。 そのような中、2022年には2020年以降の目標となるポスト2020年目標(昆明・モントリオール生物多様性枠組)が策定され、2030年までに陸域・水域・海域の重要地域の30%を保全する(30 by 30)といった野心的な目標が掲げられました。 海洋保護区の設定だけでは目標達成に追いつかないため、地域をベースとするその他の効果的な手段(Other Effective Area-based Conservation Measures:OECMs)を活用し、保全域の拡充を目指しています。

CEARACの活動

CEARACでは愛知目標で海域の10%を海洋保護区とする目標が掲げられたことを受けて、NOWPAP参加国の海洋保護区政策に関する情報を取りまとめた報告書を作成するなど、NOWPAP地域の海洋生物多様性保全に関する活動を行ってきました。 近年は沿岸の生態系や藻場、干潟に着目し、CEARACが得意とするリモートセンシング技術を活用したモニタリングやマッピング活動を行っています。 藻場や干潟は沿岸に生息する生物にとっては非常に重要な場である一方で、沿岸開発や環境の悪化に伴ってその面積が大きく減少しています。 CEARACは生息域の過去からの変遷を明らかにすることで、将来の保全に向けた取り組みに貢献していきます。

・NOWPAP地域の干潟分布評価に関する報告書(2022)
・NOWPAP地域の海洋生物多様性に対する主なプレッシャーに関する評価 (2018) 
・NOWPAP地域の海洋生物多様性に対する主な脅威の影響評価パイロットスタディに関する地域報告書(2017)
・NOWPAP地域の海洋保護区のモニタリング及び管理状況に関する報告書(2013)

 

NOWPAP海域、特に中国及び韓国沿岸には広大な干潟が分布しています。また、日本、ロシアにおいても干潟は沿岸生態系にとり重要です。東アジア地域の干潟はオーストラリアからロシアに生息する渡り鳥の越冬場、索餌場、繁殖場として利用されており、国によっては海洋保護区に設定されています。しかしながら、沿岸開発が原因で多くの干潟が消失しています。今後の干潟の保全を考えるうえで、過去からのその変遷を視覚化することは、重要な情報となります。そこで、人工衛星画像による干潟の地球規模のマッピングに世界で初めて取り組んだ、オーストラリアのJames Cook大学のNicholas Murray博士の協力を得て、CEARACはNOWPAP地域の干潟マッピングに取り組みました。1980年代からのNOWPAP各国の干潟の変遷を見ることができます。
干潟マッピング→
 
Mapseagrassは、人工衛星からのデータを解析した結果をほぼリアルタイムでマッピングし、沿岸海域の海草生息域の変化の理解に貢献しようと、国際機関、大学、研究機関、NGO、テクノロジー企業が集結した多機関プロジェクトです。 このプロジェクトでは、人工衛星リモートセンシングから得られた画像と現場観測データ、Google Earth Engineを組み合わせたマッピングツール(アプリ)を提供しています。藻場マッピングで利用する手法やアプリの使用方法などはウェブサイトの説明をご覧ください。
詳しくは→
 
世界全体で毎年110平方kmの藻場が消失していると推定されています。 特に、NOWPAP海域を含む北太平洋地域での藻場の消失が最も危惧されています。CEARACはNOWPAPの枠組みのもと、NOWPAP海域における海草の減少の原因を理解するために中国、日本、韓国、ロシアの研究者と協力して海草の分布に関する情報を共有し、これを公開しています。
詳しくは→
 
タイトルとURLをコピーしました